製本について

■製本について

ニシツジでは、幅広い製本加工を行っております。
製本の種類も時代と共に増えていて、一般的に使われる並製本をメインに中綴じ・無線綴じなど、様々な加工が可能です。

■ニシツジの製本の特徴

特徴1・様々な種類の製本が可能
特徴2・とにかく丈夫な仕上がり
特徴3・印刷から製本まで可能

■製本の種類

無線綴じ(むせんとじ)

無線綴じ(むせんとじ)
ページ順に並べた用紙を重ね、表紙になるカバーで周りをくるむ製本加工。40頁以上の、ページ数が多い物向き。

中綴じ(なかとじ)

中綴じ(なかとじ)
表紙と本文となるページをすべて重ね合わせ、中央部分をホチキスで綴じる製本加工。40頁未満の、少ないページ数に適していて、見開きでレイアウトするならこちら。

■種類別のおすすめアイテム

・無線綴じ(むせんとじ)のおすすめ

・テキスト、教材
・論文集
・問題集
・記念誌
・歌集
・小冊子、ハンドブック
・マニュアル本
・取扱説明書

・中綴じ(なかとじ)のおすすめ

・会社案内
・カタログ
・テキスト、教材
・問題集
・小冊子、ハンドブック
・取扱説明書

■製本の種類

中綴じ

中綴じ

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍
折り

折り

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍
無線綴じ

無線綴じ

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍
平綴じ

平綴じ

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍
ペラ丁合

ペラ丁合

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍
特殊加工

特殊加工

【おすすめ製本例】
・卒業文集
・写真集
・書籍